機械と作業服姿の男性

望ましい離型剤の特徴とはどのようなものか

工場

多種多様な製品または部品として、生活の中で欠かせない存在であるゴム製品やプラスチック製品ですが、綺麗な形に整えるためには、金型に加え離型剤が必要です。離型剤に期待される基本的な役割は、金型に注ぎ込まれた素材と金型の粘着を防止し、成型後、成形物と金型を剥がしやすくすることです。この点だけを見れば、現場の使用に適した離型剤はいくらでもありますが、他にも、より便利で使い勝手がいい離型剤に求められる様々な要件があります。
部品としては口金などが挙げられます。独特の形状をした口金は、その形状が大事であり、維持できなければ口金のパーツとして使用することができません。そして成型の際、メヤニが出にくいことも大切です。メヤニが出ると、成形物はそのままでは使えないため、メヤニ除去という作業を成形プロセスに組み込む必要があります。これは、一定の時間に出来るだけ多くの成形物を作りたい現場としては、望ましいこととは言えません。
また、現場で使えるタイプの離型剤で、溶剤に引火性がある製品も、特に製品を大量生産している作業場では避けたいところです。大量の引火性液体がある現場では、安全面に不安があって作業に集中するのが難しいためです。
この二つの要件を満たす離型剤として、フッ素コーティングの仕組みを生かしたフッ素系離型剤があります。これからゴムやプラスチック素材の製品作りをビジネスとして始めるなら、離型剤としてはフッ素系を選択するといいでしょう。

作業効率アップに役立つスプレー等で追加塗布可能な離型剤

ゴムなどの原材料を金型に流しこんで次々に製品や口金などのパーツ、部品の形を造っていく成形作業は、基本的に流れ作業のため、作業を中断させる要因になるものは出来るだけ排除したいところです。特に口金は特徴的な形状に仕上げるため、口金製作のフローを止めるのは望ましくありません。連続離型の妨げになる要因としては、成形物を取り出した後に行う必要がある追加作業や、離型剤の効き目が弱まり、一度で綺麗な離型が出来なくなることが考えられます。
前者については、例えば成型は問題なくできても、メヤニが同時にできてしまい、メヤニを除去しないと綺麗な形にならない場合があります。この点で望ましいのは、最初からメヤニが出ないことですが、フッ素コーティング剤を成分として使ったフッ素系離型剤は、この理想に近いです。
また、後者の離型効果の劣化に関しても、フッ素系離型剤なら、スプレー噴射で追加塗布可能な製品があるため、現場作業の中断を最小限にとどめることが可能です。スプレータイプの他に刷毛で塗布できるタイプもありますが、いずれも、離型効果が劣化したときに金型に塗布すれば、比較的短時間で乾燥して、成型作業を再度開始出来ます。
流れ作業を中断させる大きな要因を二つとも排除できるフッ素系離型剤は、現場の作業効率アップに多大な貢献をしていると言えるでしょう。

現場作業に適した離型剤の特徴や効果を把握しておこう

離型剤の基本的な効果は、金型と成形物がくっつくのを防ぎ、成形を完了したゴムやプラスチックを変形させることなく金型から分離出来るようにすることです。ただ、これはあくまでも基本的な効果であって、離型剤の種類によっては、これに加えて、特に現場作業をやりやすくする様々な特徴を備えています。
例えば、現場作業で対処が面倒で負担になることの一つに、メヤニの問題があります。成形物が金型からなかなか剥がれてくれず、破損・変形するのも困りものですが、そうした問題がなくても、メヤニという余計なものが出来てしまうと、この除去のためにもうひと手間必要になってしまいます。また、メヤニの他に、成形物に余計なものがついてしまう例として、離型剤そのものが成形物に付着して、これを洗浄して取り除く作業が必要になる場合があります。
口金のようなパーツでそれができてしまえば、除去そのものが難しくなりがちです。そのため口金のような特徴的な形状の部品製作の際には、絶対に防がねばなりません。
フッ素コーティングの利点を製品として応用したフッ素系離型剤は、このいずれの問題もクリアしているという特徴があります。メヤニも生じにくければ、口金などの成形物に離型剤が転写して汚す心配もないため、離型に伴う追加作業が不要で、とても使いやすい製品と言えます。成型作業の生産効率を出来るだけ高くしたいなら、フッ素系離型剤が最適でしょう。


ゴム製品やプラスチック製品を製造する際、メヤニが出やすい口金製造過程で【フロロテクノロジー】のフッ素系離型剤を使ってみましょう!グレードは有機溶剤タイプ、不燃性タイプなどいくつかあるので現場に適した離型剤を選びましょう!

ゴム製品等の綺麗な形造りに必要不可欠な離型剤の存在

プラスチックを使うにせよゴムを使うにせよ、金型に粘着して型崩れや破損を起こしやすいという難点は共通です。これを解消するためには、離型剤の使用が絶対に欠かせません。特に、フッ素…

フッ素系離型剤を使って成形が難しいゴム等の製品も綺麗に作ろう

薄型製品や細長い形の製品は、素材が何であれ、綺麗に形造って破損せずに維持するのは難しいものです。プラスチックやゴムを使った場合も事情は同じで、薄型プラスチック製品は割れやすい…

ゴム製のパッキンやチューブの成型に欠かせない離型剤

ゴムで出来た製品には実に様々なものがありますが、日々の生活に馴染みが深いものとして、ゴム製のチューブやパッキンがあります。いずれも、細長い上に、チューブの場合は内腔を作る必要…

コストと安全性を考えて引火性のない離型剤を選択しよう

ゴム等を原材料として使用した製品の成形には、離型剤を使用する必要があります。離型剤には、含まれる成分の違いによって異なる製品が沢山あるため、どれを使うかについて何らかの基準を…